個人事業主として初めての確定申告は【白色申告】


こんばんは!

ママネットビジネススクールのみやびです^^

そろそろ確定申告の時期だと思い・・・

昨年は個人事業主としてしっかりビジネスをやったので

今年度は初めての確定申告です。

oshiete_17

確定申告とは?

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日)に所得のあった人が

所得税と復興特別所得税の額を「申告納税」する、

また納め過ぎた所得税と復興特別所得税の

「還付申告」をする税務処理のこと。

原則、翌年の2月16日~3月15日に行います。

 

まずは白色申告で!

白色申告には、「収支内訳書」と「申告書A」というのを

出さないといけないそうです。

領収書などは添付しなくてもいいとのこと。

万が一何かあったときに出せればいいらしいです。

 

あくまでも、とりあえずは自己申告で

書類に数字を書いていくということですね。

そしてその書類は、国税庁のHPにあります。

国税庁HP

https://www.keisan.nta.go.jp/h26/ta_top.htm#bsctrl

まぁ、わたしもよく見てみたのですがよくわからなくて

とりあえず書類をプリントアウトしてできるとこまでやってみて

直接税務署の相談窓口に持っていくといいですね^^

 

ちなみに・・・

経費など全部数字がわかっていれば、

2度足を運ばなくても済むかもしれないという情報をキャッチ。

 

とりあえずは自分で思いつく科目を作ってその金額を出し、

税務署に行って相談してみるといいですね。

生命保険や国民年金保険、

健康保険に払っているお金も経費になるそうです。

なので、忘れずに金額を調べておくと手間が省けるようです。

 

それから源泉徴収票などは、原本を添付して出すことになるそうなので、

控えとしてコピーを取っておいた方がいいかもしれないですね。

経費の支払いの品目、

光熱費、通信費、旅費交通費、新聞図書費、

研修費、消耗品費、接待交際費、雑費、医療費を、

まとめてエクセルにでも記載しておくと便利です。

 

知っておくと便利!経費の計上方法

光熱費とは、水道・電気・ガスなのですが、

自宅と仕事場が兼用の人は「按配」(程よく分配)をするようです。

たとえば、仕事上で使った分が60%、

自宅として使った分が40%などというように。

電気などはいちばんよく使うかもしれませんが、

でも水道やガスはあまりつかわないですよね。

 

そうしたら、経費として仕事上で使った分は10%ぐらいにする、

という感じにしていけばいいそうです。

その%は、税務署の人が納得するような数字ならいいらしいのです。

私の場合は自宅でインターネットのビジネスをしているので

インターネット通信費、電気代なども程よい感じで計上出来ますね。

あまりよくわからない経費は、「雑費」に入れておくといいみたいです。

 

税務署へ行ったら

これは、昨年確定申告をしたビジネスの先輩のお話です。

税務署のパソコンで、

白色申告や源泉徴収表のある人の確定申告は、

「確定申告書A」というのに記入していきます

最初は、源泉徴収表の数字。

それから、雑所得として在宅の仕事の収入。

そして雑所得にかかった経費ですが、

これはなんと、全部まとめた数字でOKだそうです!

 

白色申告は丼勘定だと聞いておりましたが、

私でもできそうです^^

後から税務署から質問などあったときのために、

自分で経費の科目を分けておくのはいいようです。

また青色申告には上記のような科目の分け方が必須のようです。

 

今年から、しっかりと個人事業主として活動していくので

まずは確定申告の壁を越えようと思います!

このママネットビジネススクールを通して、これから

自分で確定申告をするママが増えることを夢見ながら・・・

さ!2月16日が過ぎたらすぐに税務署へ行くぞ〜!!

無料メールマガジンのご案内

ネットビジネスの初心者でも安心して

無料で学べる!読んで・実践して1万円をゲットできる!

 

ネットビジネス初心者のための

〜みやびのネットで稼ごうメールセミナー〜 

 

↓  無料登録は下の画像をクリック  ↓

merumaga

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.