All in One SEO Packの設定方法。最低限必要な設定をしよう


こんにちは!みやびです。

本日はワードプレスを設定する際に

プラグインでインストールが必須の、

All in One SEO Packの基本的な使用方法をご紹介します。

 

設定が複雑に思われがちなAll in One SEO Packなので

難しく見えがちですが、

まずは最低限必要な場所のみ設定をしていきましょう!

 

All in One SEO Packとは?

All in One SEO Packとは、

WordPressを使用してブログやメディアを運用する際に、

面倒なSEOの設定を簡単に行ってくれるプラグインです。

無料で使用できるにも関わらず非常に多機能で、

WordPressを使用するならインストールしておくべき必須プラグインです。

 

それでは、一般設定をしていきましょう

まず、プラグインをインストールし、有効化します。

管理画面左側に表示されているメニューに

「All in One SEO」の項目が追加されています。

 

項目にカーソルを合わせるとメニューが表示されますので

「一般設定」をクリックしてください。

 

一般設定

■ Canonical URL ■
Canonical(カノニカル) とは、
URLの正規化を意味し、この項目をチェックをしておくことにより、
自動でcanonicalタグを挿入してくれます。

URLが異なる重複コンテンがある場合、Googleの検索エンジンに
マイナス評価やペナルティを受けてしまう可能性がありますので、
必ずチェックしておくようにしましょう。

 

■ ページネイションをCanonical URLsにしない ■

ページネイションとは、いわゆる「ページ送り」のことです。

長い記事を複数のページに分けたり、記事内に多数の項目がある場合に、
いくつかのまとまりに分けたりするときに使われたりします。

この項目をチェックしておくことで、rel=”canonical”タグにより、
2ページ目より後のページを1ページ目に正規化してくれます。

 

■ 元のタイトルを利用 ■

「All in One SEO Pack」以外のテーマやプラグインで
ページタイトルを設定する場合は、「有効」にチェックが必要ですが、

今回のように「All in One SEO Pack」でタイトルを設定する場合には、
「無効」にチェックを行います。

 

■ Schema.org マークアップを使用 ■

チェックすることで、schema.orgに準拠した構造化データを利用します。

この構造化マークアップを利用する事により、
検索エンジンにサイトの情報を伝えやすくなります。

 

ホームページの設定

「ホームページ設定」という項目のところで、

以下の説明に従って入力します。

■ ホームタイトル ■
ホームページのタイトルを入力してください。

 

■ ホームディスクリプション ■
ホームページを説明する文章を記載します。

 

■ 代わりに固定フロントページを利用する ■
これは、ホームタイトルとホームディスクリプションの設定を、
トップページの設定をそのまま利用するかどうかを決める設定です。

ホームタイトル・ホームディスクリプションは上で入力していますので
「無効」にチェックを入れてください。

 

タイトル設定

検索結果に表示される各ページのタイトルについての設定です。

この設定を有効にすると記事のタイトルのデフォルト形式を指定できます。

現在は、Googleなど検索エンジン側でタイトルを調整して

検索結果に表示しているので、「無効」にしておきます。

 

カスタム投稿タイプ設定

カスタム投稿タイプとは、
「投稿」と「固定ページ」以外にカスタムした独自の投稿タイプを
定義して利用するWordPressの機能のことです。

カスタム投稿タイプを利用している場合、
SEO対策の設定をカスタム投稿タイプでも利用することができます。

現在は利用していなくても、画像のように設定しておけば、
いつカスタム投稿タイプを使いたくなっても大丈夫です。

下の図のように設定しておいてください。

 

表示設定

「All in One SEO Pack」による
設定メニューの表示・非表示や表示場所を設定します。

 

ウェブマスター認証

今回はGoogleのSearch Console(旧:ウェブマスターツール)と

Bingのwebマスターツールを登録します。

 

 

こちらは、GoogleのSearch Console(旧:ウェブマスターツール)と

Bingのwebマスターツールを登録してからでないと、登録できません。

 

現時点(2017年10月)でこの2つが、

検索エンジンのシェアをほぼ100%独占しているので、

この2つをカバーしておけば、問題ないでしょう。

 

まず最初にGoogleのSearch Console(サーチコンソール)の

設定からやっていきましょう。

 

【Google Search Console設定】

Google Search Consoleへアクセスし、Googleアカウントでログインします。
Googleアカウントをお持ちでない場合は、今後必ず必要になってきますので、
このタイミングで作成しておきましょう。

すでに登録が完了している人は下記の手順で進んでください。

 

1、「プロパティを追加」をクリックします。

2、自分のサイトのURLを入力します。

3、htmlタグを発行する

URLを入力すると、次の画面が表示されますので「別の方法」タブを選択し、
その中の「HTMLタグ」を選びます。

表示されるタグのcontent属性の値(” “に囲まれている部分)をコピーしておきます。

4、コピーしたタグを貼り付ける

「All in One SEO Pack」の設定画面に戻り、
先ほどコピーした値を以下の箇所に貼り付けます。

貼り付けたら、画面下の「設定を更新」をクリックして、
ここまでの設定を更新しましょう。

5、Google Search Consoleの画面に戻り、画面左下の「確認」をクリックします。

6、このような画面が画面が表示されれば、認証成功です。

これでGoogleのSearch Console(サーチコンソール)の設定は完了です。

次にBING WEBマスターツールの設定をやりましょう。

 

【BING WEBマスターツールへの登録と認証】

まず最初にBing Webマスターツールへアクセスし、
Microsoftアカウントでログインします。
(Microsoftアカウントをお持ちではない方はこちらをご確認ください。)

 

ログインが成功すると管理画面が表示されるので
「サイトの追加」の入力エリアに
自分のサイトのURLを入力して「追加」をクリックします。

次に、サイトの詳細情報の入力を求められますので、必須項目を入力します。
必須項目以外はお好みで入力してください。

「保存」をクリックすると画面が切り替わりますので、
Google Search Consoleの時と同じく、
content属性の値をコピーして保存しておきます。

 

「All in One SEO Pack」の設定画面に戻り、
先ほどコピーした値を以下の箇所に貼り付けます。

貼り付けたら、画面下の「設定を更新」をクリックして、
ここまでの設定を更新しましょう。

Bing Webマスターツールの画面に戻り、画面左下の「確認」をクリックします。

このような画面が画面が表示されれば、認証成功です。

 

Google設定(Google Analyticsへの登録と認証)

この設定ではGoogle関連の設定ができます。
ここで必須なのがGoogle Analyticsの設定です。

まずはGoogle Analyticsのアカウントを作成する必要があります。
Google Analyticsへアクセスし、Googleアカウントでログインして
お申し込み」をクリックしましょう。

Google AnalyticsとWordPressを連携させるために
必要なトラッキングIDを取得するために、

必要情報を入力し画面下の「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。

画面が切り替わり、トラッキングIDが表示されますので、
UA-から始まる文字列をコピーして保存しておいてください。

 

Google設定の「GoogleアナリティクスID」に先ほどコピーした値を貼り付けます。

トラッキングIDを入力した状態で「All in One SEO Pack」の設定を更新した時点から、Google AnalyticsとWordPressの連携が開始されます。

 

Noindex設定

noindexとは、検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定する機能です。
不要なページをあらかじめ検索エンジンに指定することで、
SEOに好影響を与えることができます。

ブログの記事以外のページは、検索エンジンにインデックスさせる必要性は薄いです。

そのため、WordPressのカテゴリー、タグ、日付別アーカイブ、投稿者アーカイブ、
検索結果のページは、全て「noindex」に設定しておきましょう。

詳細設定

詳細設定の画面です。設定項目は多いですが、実際に設定が必要な項目は2つです。

利用しない機能は特に設定を変更する必要はありません。

ディスクリプションを自動生成
ディスクリプションとは、検索エンジンで検索した際に
タイトルの下に表示されている説明文
のことです。

この項目をチェックすることにより、記事本文からテキストを自動的に取得して、
ディスクリプションのメタタグが生成されるようになります。

WordPressのデフォルト状態やテーマによっては、
ディスクリプションのメタタグは自動生成されないため、チェックを入れておきましょう。

ページ区切り付きページの説明を削除
アーカイブや検索結果のページ、ページ送りが含まれる記事など、
分割表示される2ページ目以降からディスクリプションのメタタグを削除します。

チェックを入れることを推奨します。

 

キーワード設定

記事に設定したカテゴリーやタグのデータから、
メタキーワードを自動生成できます。

現在のGoogleの検索エンジンは、
メタキーワードを検索結果の順位付けの条件に使用していないため
無効」に設定しておきましょう。

ここまで設定したら、画面左下の「設定を更新」をクリックします。

All in One SEO Packの設定は以上で完了です。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.