All in One SEO Packの設定方法。XMLサイトマップの設定


こんばんは!みやびです。

一般設定を行ったら、続いてXMLサイトマップの設定を行います。

まずは、XMLサイトマップを有効化します。

 

XMLサイトマップ機能の有効化

左メニューの「All in One SEO」メニューから「機能管理」を選び、
「XML サイトマップ」のリンクをクリックします。

 

「All in One SEO」メニューに「XML サイトマップ」が追加されますので、
こちらをクリックします。

XMLサイトマップとは、
Googleなどの検索エンジンへホームページの更新情報を送信して
クローラーの回遊を促すためのものです。

検索結果に自社ホームページや記事が表示されるためにも、
すごく重要です。必ず設定しておきましょう。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップに出力する内容の設定ができます。
必要に応じて設定しましょう。

 

追加ページ

基本的にはこのままでオッケーです

除外項目

XMLサイトマップに含めないカテゴリやページを指定することができます。
「未分類」カテゴリーは除外するため、チェックをしておきましょう。

優先順位

XMLサイトマップ内の設定に「優先順位」を任意の値で設定することができます。

指定がなければ、自動的に値が計算されて設定されますので、
明確な意図がなければ、特に値を指定する必要はありません。

頻度

優先順位と同様に、指定がなければ、自動的に値が計算されて設定されますので、
値を指定する必要はありません。

画面左下の「設定を更新」をクリックします。

XML サイトマップの設定は以上で完了です。

 

それでは最後にサイトマップが実際に生成されているか

確認してみましょう。

 

XMLサイトマップの確認

実際に生成されたサイトマップは、

WordPress管理画面 → All in One SEO → XML サイトマップ → サイトマップを表示

こちらから確認することが可能です。

検索エンジン用に作られているため、
記載されている内容がわからなくても大丈夫です。

作成されていることが確認できればOKです。

 

XMLサイトマップの登録

サイトマップは作成しただけでは、本来の効果を発揮しません

ここで作成したXMLサイトマップのURLを
Googleのサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)と
Bing Webマスターツールに登録することによって、
検索エンジンに巡回されるようになり、

それぞれの検索エンジンのクローラーの状況を把握できるようになります。

XMLサイトマップの登録は、
Googleのサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)と
Bing Webマスターツールの管理画面から行えます。

そこの登録も忘れないようにしてくださいね。

 

参考: GoogleサーチコンソールとBing WebマスターツールにXMLサイトマップを登録する方法

 

SEO対策において、

GoogleサーチコンソールやBing Webマスターツールの役割は非常に重要です。

必ず設定して運用していきましょう。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.