XML サイトマップの設定方法


こんばんは!みやびです。

本日は、ワードプレスには必須のプラグイン

【XML サイトマップ】の設定方法についてお話しします。

サイトマップにも人間向けと検索エンジン向けがある

わたしも最初ここを理解するのに時間がかったのですが、

サイトマップには人間向けと検索エンジン向けの2種類があるんです。

 

わたしのサイトの人間向けのサイトマップがこちらです

このような見やすいサイトマップがあれば、

初めてサイトに訪れてきてくれたユーザーも、

サイトがどのように構成されているのかがパッと見で分かりますし

興味があるページもすぐに見つけることができます。

 

※人間(ユーザー)向けのサイトマップは、

PS Auto SitemapというWordPressプラグインがおすすめです。

参考:PS Auto Sitemapの使い方

 

一方、今回ご紹介するGoogle XML Sitemapsは

人間(ユーザー)のためのものではなく、

あくまで検索エンジン向けのサイトマップを作成してくれるものです。

検索エンジン向けというのは、

サイトを巡回するクローラーと呼ばれる

ロボットのためのものという位置付けです。

 

このように、サイトマップには二種類のサイトマップがあるので

混同しないようにしましょう。

 

XML サイトマップってなに?

新しく公開した記事ができるだけ早く、

そして正しく検索エンジンに認識されるためには、

検索エンジン向けのサイトマップを作成することが重要です。

 

しかし、検索エンジン向けのサイトマップなんて、

初心者の人が作るなんてなかなか難しいものです。

 

そこで、こういった手間のかかる作業をすべて自動でやってくれるのが、

今回ご紹介するGoogle XML SitemapsというWordPressのプラグインです。

 

具体的にどんなことをしてくれるのかというと…

  • 検索エンジン向けのサイトマップを自動で作成してくれる
  • 記事を公開または更新したりする度にサイトマップを自動で作成してくれる
  • 作成したサイトマップを自動で検索エンジンに知らせてくれる

上記のようなメリットがあります。

それでは順を追って Google XML Sitemaps の設定方法について

紹介していきます。

 

XML サイトマップのプラグインをインストールしたら、

管理画面の左メニューの「設定」の中に

「XML-Sitemap」が追加されるので、

これをクリックすると設定画面へ行くことができます。

サイトマップの基本設定

サイトマップの基本設定は下図のように設定してください。

一番目の「Googleにブログの更新を通知」と、

二番目の「Bing (旧名MSN Liveサーチ) にブログの更新を通知」

チェックを外してしまうと、

検索エンジンに対してサイトマップが送られなくなってしまうので、

絶対に外さないようにしましょう。

 

また、三番目の「サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加」

検索エンジンに対してサイトマップの場所を正しく通知するためのものなので、

こちらも必ずチェックが入っていることを確認してください。

 

追加ページの設定

ここは基本的には何もしなくてOKです。

もし、個別にサイトマップへ含めたいページがある場合は、

「新しいページの追加」をクリックすればURLを追加することができます。

 

投稿の優先順位

「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れておけばOKです。

「コメント数」や「平均コメント数」にチェックを入れてしまうと、

単にコメントが多いだけという理由で

投稿の優先順位が決まってしまうので注意してくださいね。

 

サイトマップファイルの場所

「自動検出」を選択してください。

 

Sitemapコンテンツ

こちらは、クローラーに巡回して欲しいページだけをチェックする

というイメージで設定しています。

 

ただし、

「ホームページ」「投稿 (個別記事) を含める」

「カテゴリーページを含める」チェックだけは外さないようにしてください。

 

また、「詳細なオプション」のところにある、

「Include the last modification time. 」のチェックも

絶対に外さないようにしましょう。

 

含めない項目

ここでは、サイトマップに含めないカテゴリー、投稿、固定ページを

設定することができます。

 

含めないカテゴリーについては、

「未分類」のみにチェックを入れておけばオッケーです。

 

更新頻度の設定

ここでは、各コンテンツの更新頻度を設定します。

サイトによって差はあると思いますが、

だいた上図と同じ設定で問題ないと思います。

 

必ずしも正確に設定しなきゃいけない訳ではないので

あまり神経質にならなくても大丈夫ですよ^^

 

優先順位の設定(priority)

最後に、各ページの優先順位の設定をしていきます。

下図を参考にしてみてください。

 

そして最後に【設定を更新】して完了です。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.