ビジネス・育児・人間関係に便利!コミュニケーションスキル


おはようございます!

ママネットビジネススクールのみやびです。

 

わたしは、現在子育てアドバイザーとして

子育て相談業もやっているのですが、

 

子育てや仕事で大事なのはコミュニケーションなんですよね〜!

090997

親と子
ビジネス仲間
お客さん
夫婦
ママ友
嫁・姑

 

上記の関係もある程度コミュニケーションスキルを身につけておくと

便利ですよ〜^^

 

相手との距離を縮める信頼関係コミュニケーション

 

ポイント1、自分ではなく相手に意識を向ける

必ず相手に意識を集中して会話をしていきましょう。

意識を相手ではなく、自分に向けてしまうと、

自分はこう感じる、自分はこう考えるなどと自分の話になってしまいます。

 

相手は自分の事をわかってもらいたい、聞いてもらいたので

自分の話をしないように注意しましょう

 

ポイント2、「感情」に意識を向ける

大切なのは、言葉に出ていない「感情」を汲み取ることで、
相手に共感してあげるということです。

 

相手の「考え」や「事実(行動・言動)」ではない、

という点に十分注意しましょう。

 

人が「理解してもらえた」と感じるのは自分の行動や考えではなく、

「感情」に共感してもらえた時です。

 

相手が楽しいと感じていればその気持ちに、

悲しいと感じていればその気持ちを汲み取ってみましょう。

 

ポイント3、「相手の感情」を汲み取ったら、

              それを言葉で表現する。

相手の感情を汲み取ったら、それを自分なりの言葉で表現して付け加えます。

単純で機械的なオウム返しではありません。

 

相手が「楽しい」と感じているようならば、楽しいを違う言葉で

「むかつく」と感じているなら、むかつくを違う言葉で

 

相手の感情を意識して、それを汲み取り

「相手の感情を別の言葉で言い換えてあげる」

ことで、相手は共感してもらえたと実感できます。

 

共感も大事!

形だけで「相手の感情を汲み取って言葉にする」だけでは、いけません。

あなた自身がちゃんと相手に共感して、

心からそう思って表現しなければ相手に伝わりません。

 

先ほどまでわたしがお話ししたものは

無意識にアプローチする部分ですが、

表面的にテクニックとして伝えても、

相手はしっかり無意識で理解されていないと感じとれてしまいます。

 

たった一言で距離が近づく 秘密の会話テクニック

よく言われる会話・コミュニケーションのノウハウを

本やネットから集めてみました。一気に紹介してみます!

 

けっこう役に立ちますよ〜^^

—————————————-

自分のことを開示する

質問に答えて、あなたは?と返す

自分は短く話す、相手に話させる

会話の主導権を相手に持たせる質問をする

相手の名前を呼んで話す

挨拶に一言付け加える

相手の変化をネタにする

相手のモノをほめる

相手のこだわっているものをほめる

大きなイベントを話題にする

過去の話から新しい話を生み出す

気まずい沈黙がきたら目に入ったものを話題にする

自分の心を開く

自分の好きなことを伝える

でも、だけど、しかしを使わない

「絶対に●●」、とか決めつけない

相手に興味を持つ

自然な相づち

オウム返しする

相手の身内(子ども・家族)の話

きどにたてかけし衣食住
(気候、道楽、ニュース、旅、テレビ、家庭、健康、仕事、衣食住)

トーク番組をみる

対談本を読む

沈黙は悪くない

はいいいえで答えられない質問をする(オープンクエスチョン)

知らない話は連想して質問

日記をつける

目線は鼻のあたり、目をあわせすぎない

質問のレパートリーを増やす

オーバーアクションする

ひとりごとを言う

五感を使ってネタにする

相手のテンションに合わせて共感する

5w1hを押さえる

ネタをたくさん仕込む

会話術の本を読む

他人の会話に耳をすます

聞き上手になれ(聞き上手とはなんぞやが語られていない)

プラスの言葉を使う

そういえば、話はかわるけど、ところで、それにしても、実は、今思ったんだけどなどの話のとっかかりを抑えておく

相手の目をみる

相手の話を良く効く

政治、宗教、スポーツの話題は避ける

定番の質問を用意しておく
(お仕事は?ご出身は?趣味は?最近面白かった●●は?最近気になる●●?)

自慢話をしない

結論を出さない

話す聞くのバランスをとる(聞くを8割)

気まずさを解消しようとしない

知らないことは知らないという

苦手な人とつきあう

相手に関係ある話だけする

理解を示す

共感する

ほめる

からかう

アドバイスは求められない限りしない

他の人が褒めないところをほめる

ほめる時は理由をつけて具体的に

自分の好きなことを話題にする

表情豊かに

共通点を話題にする

待っていました=歓迎する

返事を少し早くしてテンポを上げる

椅子の背もたれにもたれない

アメとかをあげる

一期一会の気持ちをもつ

なぜそれが好きなの?と質問する

わかる!よりも「似たような経験がある」

ドン引きしても表情に出さない

会話を掘り下げる
(どうして?具体的には?例えば?もっと詳しく、誰が何を?)

自然体に徹する

相手のセンスをほめる

相手をリラックスさせる

————————————–

 

一番大事なのは信頼関係

コミュニケーションはそもそも、理解しあうため、そして信頼関係を作るものです。

 

会話を盛り上げたり、続けたりすることは大事なことですが、

言葉の多い少ないではありません。

 

相手の気持ちを理解して、

信頼関係を深めていくことを大切にしてみましょう。

 

たとえ、子供は

あなたの体から出てきても

なんぼ小さくっても

一つの立派な人格です。

 

今後の関係性をよくしていくためにも

親と子で信頼関係を結ぶことはとても重要ですね。

 

無料メールマガジンのご案内

ネットビジネスの初心者でも安心して

無料で学べる!読んで・実践して1万円をゲットできる!

 

ネットビジネス初心者のための

〜みやびのネットで稼ごうメールセミナー〜 

 

↓  無料登録は下の画像をクリック  ↓

merumaga

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.