急にやってきた大ピンチを救う!「応急福祉資金」〜主婦のための給付金ガイド〜


おはようございます

ママネットビジネススクールみやびです^^

本日は主婦のための給付金ガイドシリーズ
急にやってきた大ピンチを救う!「応急福祉資金」について
お話しますね。

089848

応急福祉資金とは?

応急福祉資金とは、必要な時に市民であれば、無利息でお金が借りられる給付金です。

「火事で家にある財産が全部燃えてしまった」
「夫が急病絵で入院したけど、貯金がない!」
「子供がまさかの有名私立大学に合格したけれど
用意していたお金では入学金が足りない!」

・・・など

予測できなかった、急な出費に対応してくれるのが
各市町村の応急福祉資金です。

急に必要になったお金を、原則として
無利子で貸してくれるシステムです。

※但し、期限を過ぎても返済しない場合は、
延滞利息がつきます。

金額は自治体の規定や、
必要とする事情によって上限が異なります。

平均すると、事故や災害、病気でお金が必要な時や出産、
教育費用は40万前後、
やむを得ない引越しや、家賃の更新などに対しては
10〜20万円前後が上限のようです。

金額が大きくなると
保証人が必要になることもあります。

給付の手順

1、市区町村役場の福祉課に行き
「◯◯の事情で、応急福祉資金を借りたい」と相談する

2、事情を証明できる証明書や請求書を提出して
必要額の見積もりを出し、審査を受ける。

※必要なら保証人を立てる

3、融資

応急福祉資金まとめ

◯届け出先:市区町村役場の福祉課

◯もらえる人
・その地域に規定月間以上住んでいる人
・住民税を納めている人
・急な出費で困っている人

◯必要な書類
・借入申込書
・現状を証明する書類(事故証明書・請求書など)
・源泉徴収票などの収入がわかるもの
・健康保険証
・保証人の印鑑証明など

※自治体や用途によって異なることがあります。

実際応急福祉資金は主婦の助けになるか?

私自身、応急福祉資金をどんな時に使うのか?というのを
考えてみました。

確かに、旦那さんが急に倒れたり、
子供がうっかり有名私立に合格してしまった時などは
すごく助かりますよね!

そのほかにも
倒産や失業などによって一時的に生活資金に困窮する場合も
あると思います。

そんな時に助けてもらえる給付金、
これも知らないと、申請すらできないですから!

前もって、しっかりと知っておくこと本当に大事ですね!!

そして、こんなことにならないためにも
在宅で副業をしておくことをオススメします。

無料メールマガジンのご案内

ネットビジネスの初心者でも安心して

無料で学べる!読んで・実践して1万円をゲットできる!

 

ネットビジネス初心者のための

〜みやびのネットで稼ごうメールセミナー〜 

 

↓  無料登録は下の画像をクリック  ↓

merumaga

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.