ドロップシッピングのデメリット


リスクが少なく、仕入れの必要もない

初心者でも始めやすいネットショップの

ドロップシッピング。

 

ビジネスである以上、デメリットもあります。

今回は、ドロップシッピングのデメリットをまとめてみました。

 

ドロップシッピングのメリットはこちら

 

ドロップシッピングのデメリット

 

まず利益に関してですが、

自分で仕入れを行わないことがメリットなのですが

ただし仕入れを行わないために利益率が通常の商売より低くなっています。

それがデメリットとなります。

 

インターネット上では

基本的に個人情報を聞くこともなく

まして顧客として登録したりリストアップしたりすることができません。

 

そのためリピーターなどの上得意を囲むことができず

若干商売がやりにくいところがあります。

 

ドロップシッピングの特徴として、

実際の商品を見ることがありません。

画面上から選んで売って販売データを送信するだけですから、

商品について実際のところ何もわかりません。

 

〜ドロップシッピングのデメリットまとめ〜

◯利益率が低い
◯個人情報が得ることができない
◯商品を実際に手にとって見ることができない

 

どんなビジネスにも いい点・悪い点があります。

自分がそれが苦痛か?苦痛じゃないか?という

判断基準でビジネスを選ぶといいと思います。

得意・不得意分野は人それぞれです。

 

つまり、物販のように細かい作業が多いものが好きな人もいますし

人とインターネットを通じてやりとりするのが好きな人もいます。

逆に人との関わりはあまり好きではないが、

パソコンが大好きで何時間でもパソコン作業ができる!という人もいます。

 

自分はどのタイプなのか?というのをしっかり認識して

あなたにぴったりな、

インターネットビジネスを探し出すことがすごく大事ですね!

 

無料メールマガジンのご案内

ネットビジネスの初心者でも安心して

無料で学べる!読んで・実践して1万円をゲットできる!

 

ネットビジネス初心者のための

〜みやびのネットで稼ごうメールセミナー〜 

 

↓  無料登録は下の画像をクリック  ↓

merumaga

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.